いつかの私というフィクション

あまりに個人的すぎて、下痢のような文章を垂れ流します。