いつかの私だったあなたへ

あまりに個人的すぎて、下痢のような文章を垂れ流します。

2016-03-26から1日間の記事一覧

雨上がりと戯れた日のこと

朝にはもうすでに降っていて、夕方ころになってようやくやんだ雨の余韻がまだあたりをさまよっているらしく、鼻から息を吸うと、空気といっしょに入り込んできた極小の水の粒が鼻腔にひっつく感じがして、それはかすかに甘く、湿っぽいせいか、ひとを意味も…